Welcome to my blog

旅するような生活in南西フランス

Article page

スポンサーサイト

Category - スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category - スポンサー広告

芸術性の育て方

Category - フランス生活
昨日、息子が通う保育園のお出かけの付き添いとして、近くの小劇場でスペクタクルを見てきました。
何十人もいる保護者の中から、暇そうな私に声がかかったという、、嬉しいような悲しいような。
でも「想像力を豊かにする系コンテンポラリー・ダンス」と私が勝手に位置づける、カラダを使ったものを見ることができて得した気分♪

ビデオが見れます→L'EXTENSIBLE VOYAGE D'ÉVEA(日本からもアクセスできるのかな?)

歌や笑い声はある無声演劇。対象年齢は1才から。
こんな大人っぽいものを2歳半の子供がおとなしく見るのか?!と思いきや、みんな釘付け。


日本のお花屋さんで作ってもらうブーケももちろん素敵だけど、フランス人のブーケにはかなわないな〜。と感じるのは小さな頃から養われている色彩感覚、空間の捉え方からきているのかもしれないと思うのです。

私が子供の頃なんて、ニコニコプンや色使いが野暮ったいヒーロものなんかのを見に行った記憶はあるんだけど、こんなんじゃセンスが良くなるはずがないな。
今はどうなんでしょう。
日本の保育園や幼稚園でもこういう系のを見に行くのかな?


もう一つ、カナダ人アーティストのものをご紹介。
HPへ→EDREDON

公園でたまたまアーティストのお姉さんたちと知り合って、その流れで旦那がコルド・シュル・シエルに案内したので、お礼にチケットをもらいました。
ふふふ、またまたタダ見〜!

何といっても彼女たちがすご〜く可愛いから、もちろんスペクタクルも可愛い♪
ランプの明かり、ピンクのキラキラや羽根が舞っていたり。
スペクタクルが終わったあとも子どもたちはうっとりしたました。



アルビ5079

こちらはアルビのダンス教室の発表会。


アルビ5080

羽根でフワフワしているの、めちゃくちゃ可愛いいいいい!


__________________________________________________

南西フランス現地ツアー会社「ラミティエ・ボワイヤージュ」
トゥールーズ・ボルドー・アルビ・カルカソンヌ発の定期ツアー
プライベートチャーター&オーダーメイドを行っています。

___________________________________________________




スポンサーサイト

Category - フランス生活

- 4 Comments

ももくそ  

さすがフランス!
子供の育て方だけは、リスペクトしています。
日本だったら、この演劇始まる前から騒ぎ、途中は飽きてギャン泣きだったろうなぁ~~~。
イムって大人社会だから、子供って犬以下(日本からみると)の躾けを生まれ落ちた時からしてますよね。
日本では当たり前の4時間ごとの授乳とかもしないし(笑)
寝室は完全別で、子がギャン泣きしても朝まで放置は当たり前。
公共の場で騒ごうなら、マジで親が怒る。
「赤ちゃんだから分からない」って考えが無くて、大人と同じく接して何がいけないのかガチで怒って叱るんですよね。
小学校には普通にムチがあるし・・・(笑)
イムで爪を噛む子を多く見るけど、今の日本のゆとり教育の子とイムの爪を噛む厳しい教育を受けた子の差は、圧倒的だな~~~!かなわね~~!!!と思います。

「子供だから分からない=しょうがない」でスルーするのと、「分からない子供だから徹底的に教え込まなければいけない」の考えは、目から鱗です。

しかしこの動画・・・よく子供が見れるな~~~。

2013/12/05 (Thu) 00:06 | REPLY |   

なでしこ  

Re: タイトルなし

ほんと、子供の育て方だけは素晴らしいですよね。
保育園児に対しても騒げば親も怒るし、先生も怒る。
今日も保育園に行った時、泣きながら隅っこに座らせられてる子がいました。
最近の日本は先生が生徒を叱ったら、親が先生を叱るみたいな、、変なことになってますよね。。
フランスはどんどん怒ってくれ!みたいな親が多いので共感できます。

子供がなかなか寝なくて、、とイム友人や先生に相談すると、暗くして泣かせておけばいい!と言われ、実践するものの、30分でこっちがお手上げ状態です。
1時間くらいは大丈夫よ。と言われるんですがね。。

え、ムチがあるんですか?知らなかった。。
「分からない子供だから徹底的に教え込まなければいけない」の考えは、私も目から鱗でした。
アラブやアフリカ系フランス人ともなると、すぐ叩くから少し引きますが、いわゆイムは言葉と目力で子どもと勝負ですもんね。
それが、2才児でも見るんです!

2013/12/05 (Thu) 22:30 | REPLY |   

ももくそ  

最初の何日かは頑張って子が泣くのを我慢しなければならないそうです。。。
ま、これはイムで子育てした人の話なんですが・・・。
1か月は我慢しろ!と言ってました。(笑)←なげー!
そのうちに、「泣いても親は来ない」=「暗くなったら寝る」=「自立」ってなるそうです。
そこの親は、子をベッドに置いた途端、夫婦で夕食に出かけていたそうです。
なかなか出来ませんよね・・・日本の感覚なら。
でも、そのお嬢さん!!!
素晴らしい女性に育っているんです。

でも、なでしこさんのご子息ほど大きくなってしまうと、これは出来ないと思います。
まだ、生後数か月・・・って時からやらないとダメなんだそうです。

パリで住んでいたアパートマンの隣が小学校だったんです。
ずーーーっと静かなんですけど、お昼過ぎになると、狂ったように騒いで校庭に出て子供がうるさいんです(笑)
でも、45分後くらいかな~~~????
笛が鳴るんです。
その途端、日本の小学校でも聞いた事のない絶叫がピッタリ鳴りやむ事毎日。。。。

現地校に通わせている、お子さんがいる方の話を何人かに聞いたら、ムチがあって悪い子は打たれそうです。
でも、話を聞いたお母さんの話ではムチよりも、子供同士がトイレに行ってみんな手を洗わないで出ていき、手を洗っている我が子が異端になって困った~・・・なんて話を何度も聞きました(笑)
郷に入ったら郷にしたえ~なんでしょうけどね。
難しいです。

そうそう!!!
イムは言葉と眼力&高圧的な態度で、子を制圧してますよねwww
初めて見た時はびっくりしたな~~~。

2013/12/06 (Fri) 00:37 | REPLY |   

なでしこ  

ももくそ さま

うちは生後10ヶ月位で試したら、すでに遅しかったです。
半年くらいまでにしないとダメっぽいですね。
食事に行くとは、さすがイムだわ!
30分泣かせておいたら、痙攣ぽくなってしまったので、何回かやって止めました。。
オムツかな?お腹すいてる?なんて心配性のアジア人には、なかなかできないものです。。

トイレに行って手を洗わなくて、異端にはなりたくないんですが、そんなところで郷に入れば〜は、何だかですがしょうがないかな。
あの高圧的な態度、日本人のお母さんたちからしたら、子供に対してヒドイ、、と言われること間違いなしですよね。

2013/12/06 (Fri) 22:24 | REPLY |   

Post a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。