Welcome to my blog

旅するような生活in南西フランス

Article page

スポンサーサイト

Category - スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category - スポンサー広告

ぶっちゃけ

ちょっと真面目に、“レユニオン島”についてです。

※気持ちが落ち込むかも知れないので・・そんな方は、次回^^
そして長い文章がお嫌いな方も・・次回^^


友達からレユニオン島での生活どお? 
と聞かれたときの 私の答えは

“あんまり好きじゃない”  ←こんな答えって ガーン?!



これは、飛行機からこの島を見たときからの変わらない感想


※えーっと、レユニオン島の名誉のためにいいますと
上空から見た島に、たいていの人は感動するそうです。

ヘリでの観光あるくらいだし。 ←山登中くらい静寂を!


でも、直感的に“あっ、違う”って思ってしまったのです。



で、なにがどうなのかというと、例えば

一度レユニオン島を訪れたことのある(1週間や2週間ではなくもっと長い滞在)フランス人は、一様にレユニオン島は海に山に川・滝etc・・ 
まだまだ自然があっていい! といいます。

でもその後、必ずと言っていいように“mais”(“でも”の意)がつき
クルマが多い・・ 渋滞が・・ 

※記憶が曖昧ですが、レユニオン島はフランス本土を含めたフランスにおいて、人口に対するクルマの数(だったかな?)がNo.1だそう

そして、レユニオン人の一回平均クルマ利用距離は往復5キロだけ(これも数字をちゃんと覚えていないけど・・)

日本人だったら、歩く距離でクルマを使います。 
で、この距離はバス使うでしょ~ って距離を、クルマにひかれそうになりながら、歩道もなき道を何時間もかけて歩いている人もいます。



レユニオン島に対する批判・クリティック(否定ではなく、あくまでも客観的な主張)するとき使われる形容詞は

“bizarre”(“奇妙な”・“変わっている”)

変わっている・不思議なを指すフランス語はその他にもたくさんあるけれど、使われるのはたいていはこの“ビザー”

仏語が分かる方は、なんとなくこの使い方に含まれるものが分かっていただけると思います。


レユニオンの人といっても、いろいろな人種が混ざっており、その個々の人種やクレオールがどうのというのではなく

全体的に醸し出されている“気”というか、なんかそんなこと。


えーっと、何から話せばいいのか分からなくなってきたのですが


一言でいえば“嫉妬”が渦巻く島?!


“物欲”には目を見張るものがあります! ←使い方がおかしい・・


だれだれよりイイ車に! ←ローンを組んで、家はボロボロでも!
新しい機種のケータイとアイポットとPCetc・・←お米のみ生活でも!

誰もが奪いたくなるようなセクシーな女性を連れ歩く!
又は お金持ちな本土の白人男性を射止める!

もしくは一夜かぎりのアバンチュールをもとめる奥様!! 
(彼女達のムンムンお色気が、一番危険!) 


そうそう、フランス本土から派遣されてきた人がもてるわけは・・
基本的にレディーファースト!
そして公務員(教師や技術者など多し)は、レユニオン島では破格の給料(年1でフランス往復飛行機代も出るらしい・・)なので、もちろん女性からは放っておかれない! 
しかし男性からは島の女も仕事も盗んでいると逆恨みされがち・・

脱線ですが、公務員といえば、サルコ(サルコジ大統領)は税金対策で公務員を削減したいらしいのですが、教師減らして、警察増やしてどうするんの?
教師をクラスに2人にしてもっと行き届いた教育ができたら、警察減らせばいいじゃん?!
と思うんですが、そううまくはいかないんですね。。


男女関係においての余談ですが、レユニオン島にも何気に売春婦がいたり、そういう系のマッサージ(摘発されてた・・)もあります。



むー、果てしなく続くサイクル・・ 


富と異性、こんがらがるのでしょうねぇ・・


知り合いの男性は奥さんが自分のいとこと・・なのを、家族全員から秘密にされていて、最終的には7歳の娘から聞き・・ 2人で海で泣いたそうです。
悲しすぎだ・・

はたまた、とある お上品な奥様からは次男が自殺したら、1年後に長男の嫁も自殺した・・ という話も聞いてしまい、なんと声をかけていいのか分かりませんでした。。


こんな小さな島(東京都くらい:人口80万人)で殺傷や殺人事件が多発するには
渦巻く何かあるのでしょうか・・

あっ、もちろん今日の夜のニュースでもありましたよ
隣人殺人事件。。



なんだかひどく暗い話に・・
  

酔っ払っていませんよ!
そして、うつでもないですので!!


写真ブログと謳っているのに、ながながと文章だけ書きました。
読んでくださった方ありがとうございます。

次回はマダガスカル旅行準備について(個人的なメモ・・)の予定です。




スポンサーサイト

Category - レユニオン島生活日記’09〜'10

- 8 Comments

ももくそ  

やっぱり島国っていうのが理由なんでしょうね〜。
コルシカ出身の友人談では、身の毛もよだつ様な閉鎖的で本土に対する嫉妬があるそうです。
村八分とかもあるみたいで・・・(笑)
コルシカでは本土に対して敵対心持っているのに対して、レユニオンでは逆なんですね〜。
新しい機種の携帯とアイポットなんて日本みたいですね(笑)

2010/02/24 (Wed) 12:00 | REPLY |   

ほぷほぷ  

こんにちは!

なでしこさん
こんにちは!

うーん。。。なるほど。まあ、京都も結構交通渋滞おこすし、場所によってはよそ者を受け入れない土地柄でかなり閉鎖的なところがありますね。いい面も悪い面もあるから全てひっくるめてその土地を愛するとこができたらいいですよね!?私って、なでしこさんのように海外で生活されている方のブログを好んで拝見しているんです。現地に住んでいる人にしか伝えられないその土地の素顔ってあるじゃないですか!?旅行で100回訪れていてもやっぱり現地の人には勝てないです。だから、今回のような記事はとても興味深く拝見することができますし、これからも期待してます!

・・・ということは、将来はフランス本土とか、マダガスカルに引越す可能性も??

今日もありがとうこざいました!

2010/02/24 (Wed) 22:45 | EDIT | REPLY |   

なでしこ  

ももくそ さま

そうそう、日本のように島国なんでしょうね。
でも、もっと小さくてたくさんの人種がいて・・不思議の国です。

コルシカ出身での身の毛もよだつ様な・・こわ!
こちらの男性も本土に対して敵対心持っているみたいです。

そうそう、ここはアフリカ圏にあるパリ
渋滞を求めて行動してるのかー?!ってね。。

2010/02/25 (Thu) 02:56 | REPLY |   

なでしこ  

ほぷほぷ さま

閉鎖的ではないんです・・
とても開放的で、個人的に接すると優しくてイイ人たちなんです!

自分のいる土地を愛するとこができたらいいな!って思います。
現地からありのままをお伝えしたく、おちるような話ですが書いてみました。

≫今回のような記事はとても興味深・・これからも期待してます!
そんなことを言うと、もっとすごいことを書きますよ〜!

定住先は移住民夫婦なので・・まだ分かりません^^

2010/02/25 (Thu) 03:06 | REPLY |   

はしご  

住めば都・・・・には限度もある?!
ぶっちゃけ話、「そっかー」と心に染み入りました。
世の中、「欲」が渦巻・・・・いていない場所はないけれど、その「欲」には多種多様な形があって、
国民性だとか地域性だとか、狭い日本もまた複雑ですよね。
私は西日本育ちなので、実は関東が苦手です。
白みそバンザイな人です。
はっきりと分かっている理由として、「(首都圏は)山が見えない」
ただ、それだけで、「好きになれない」のです。
かれこれ7年ほどたちますが、未だに慣れない(とほほ)
これは、生理的な問題で、努力すればどうにかなるわけでもないけれど、
まだまだ首都圏の魅力がわかっていないのでは、と、そんな可能性を探ることが原動力となって、日々生活してます*^ー^*←あらら、わたしもぶっちゃけました。

2010/02/25 (Thu) 10:54 | REPLY |   

なでしこ  

はしご さま

住めば都は・・時間が必要かも!
> 私は西日本育ちなので、実は関東が苦手です。
ぶちゃけちゃいましたね! 
東京も高尾の方に行くと山があるので行ってみてちょ!
そうそう生理的なものってどーしようもない・・
でも、レユニオン島もレユニオン人も好きな部分は大好きで
複雑で、ひとりで渦巻いちゃってるのです。。

2010/02/27 (Sat) 00:58 | REPLY |   

Terrie  

昔の思い出ですが。。。

住んでみないと解らないその国の事情ってあると思います。私の住んでいる国も、社会のどろどろみたいなのがあって、それが解るにつれ、地元の人に、「好きですか?」って聞かれてもうーん、と考えてしまうんですよね。
レユニオンの事、自然のきれいな所ですね、とコメントしたら、地元の人に「この地形のせいで、人の住むところは限られているし、海に囲まれているのに漁業も盛んではない。バニラとラム酒以外に産業は無く、本土からの支援でようやく成り立っているこの島、いい事なんて何もない」と言われたのが印象に残っています。。。車の渋滞、相変わらずひどいんですね。

2010/03/04 (Thu) 06:56 | REPLY |   

なでしこ  

Terrie さま

T国は相当どろどろしてそうですよね・・
 
私も聞かれたときの返答は、うーん派です^^
本土からの援助、いったいいくらになるんでしょうか。
渋滞は、気が狂ってるの?! ってくらです。。

2010/03/05 (Fri) 03:37 | REPLY |   

Post a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。