FC2ブログ

Welcome to my blog

旅するような生活in南西フランス

Article page

スポンサーサイト

Category - スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category - スポンサー広告

義弟との3人旅 その3

2009年の年末はレユニオン島の山々をうろうろ!

目標は
レユニオン島の最高峰 piton des neiges に登り
そのあとは3日かけて cirque(円形谷)を3つめぐる

そして、無傷で新年を迎えること!!



kev78
la plaine des cafres(1600m) というところでバスを下車 

plaine プレンとはフランス語で平野のこと
フランスとか北海道みたいな牧草地を通り抜けます!



kev143ピトンデネージュを目指す!

歩き続けて5時間、ようやく1日目の宿(2500m)に到着!!
夕飯(うま!)を食べた後は、翌朝に備えて早めに就寝。


翌朝3時半、霧&雨・・
多くの人は頭にライトをつけて真っ暗な中 出発!

どうせ日の出は見れないし、滑ると危ないし、寒いし、眠いしetc・・
理由をたくさん並べて、暖かい部屋で 幸せな2度寝!!


3時間ほど爆睡し 起きてみると・・ 雨
もう少し寝てみる・・ 雨が上がりそう!!


頂上まで行っちゃう?!



kev153
おー、快晴! 3070mからは見えるのは 360度の大パノラマ!!

下に見える町は cirqe de cilaos(1200m)シラオス谷
今日はシラオスの町までの下山・・ ほぼ直角な下り? 崖?!



kev183 1
夕方ようやくシラオスに到着!  かっこつけ21才^^  

ふくらはぎパンパン・・
こんなとき、日本人ならやっぱり温泉よね?!
ってことでシラオス温泉へ  ←しょぼいサイト 
ここはレユニオン島に残された唯一の源泉
(もう一つあったサラジ谷の源泉は1948年のサイクロンで吹っ飛んだそう・・恐ろし)

水着着用・1人用の個室にバスタブ・20分15ユーロ・・ 高い! 短い! 要予約!!
受付からして何とかテラピー風?  やっぱり温泉は露天じゃなきゃイヤ!

でも、医師の診断書があれば半額になったりします (保険会社による)
5日間通いコース149ユーロ・・  んー、高いけど惹かれるなぁ・・



kev 190
上流階級の保養地として栄えたシラオス

道路が出来てからは、海沿いのまちから車で1時間くらいで行けますが
昔はジャングルの坂道を、1人に対して4人の使用人(奴隷)が担いでこの町まで来たそう

今ではピトンデネージュへの登山者で賑わいます!




kev 188
2日目の宿はここ  可愛い!!




kev 199
夕飯は向かいのレストランへ

義弟が食べたのは、鶏肉のバニラ入りクリームソース!
私は鶏肉にはしょっぱい系希望ですが、ヨーロッパ人はこういうのが好きです



3日目も朝から 登りに登って 2082mのとこまで来ると


kev 204これから行くmafate マフアット谷 が見えた! 白い点々が家

マフアット谷の marla マーラ という村へ  人口はいったい?!
住人が少ない理由・・それは
歩くかない限り行けない! ひたすら山を越えていかなければたどり着けない!
食料や大きいものなどはヘリコプター利用  高そう!


そして登った分だけ 下らねば・・ 村は1600m



kev 209a
3日目の宿に到着!!  薬草茶とカフェ屋もやってるよ!



kev209
宿はとても素朴

この宿に泊めてもらうのは2回目
ラスタで歌が好きな(けっこう音痴・・)お兄さんがやっています^^



夜は大雨・・
明日の山歩きが心配・・


朝になると雨は上がっていたものの、いつもは難なく渡れる川が増水
先に渡った他のグループの男性が流されそうになってる・・ 恐ろし!

登山靴を脱いで、ズボンを出来る限りめくり上げ、気合を入れて!
おー、山の水は冷たし!!
ズボンはめくり上げたものの、水位はおへそまであったよ・・ とほほ




kev 4453
こんなトロピカルな緑の中を歩く!  右に写っているのは私


と、ここで皆さんは2000mのところにある駐車場(バスあり)
に向かうのですが私達は歩き続けます!!


せっかく登ったのに、また下って、登って・・ を繰り返していると


老人が増水している川の浅瀬に入ってパクパク何かを食べてました!  
タニシ? 小蟹? なんだったんだろう・・

このルートで出会った人は、この老人たったの1人!
いったい彼はどこに住んでいるのだろうか?!
英語で“戦争はもうやめよう!”と手書きで書いたTシャツを着て・・



そんな中、義弟がひざ下の筋を痛めてしまう・・
こんところじゃ、誰も助けに来てくれないよー!
さあ、タイガーバームをぬって歩くのだ! 21才!!



kev 219a
cirqe de salazie サラジ谷が見えてきた! 白い点々が家

かなり雨が降ったので、いたるところに滝!
ココまで来れば、あと2時間くらい!!




kev 226
やっと山道も終わり!

ココでバスを待つと言ってきかない21才・・  
口が開いてるよー!




kev 227
あと30分くらいで宿だから、歩ける?



kev 233
バス停を見つけては座り込む・・




kev 225でもちゃんと、サラジ谷の hell-bourg という町まで歩いたよ!!



でも義弟くん、実は最後の山道1時間くらいは
お兄ちゃんに大きなリュックを持ってもらっちゃったんだ・・ 
これは3人の秘密だよって言われたけどね☆


そして私は
弱音を吐きつつも、20代(旦那は29才です)に着いていきました!
忍耐・気力・忍耐・気力・・・ 

耐え忍ぶ気の力・・・
日本人って、というか日本女子は本当にすごいんですね! あはは!!


義弟にも、さすが大和撫子だねー (そんな感じのこと)
なんて言われて喜んでいる私ですが


自分のリュックを背負い、弟のリュックを前から抱えて山を登り下り
途中途中で、足の痛む弟のふくらはぎをマッサージしてあげる、そんな旦那様

なんて素敵な兄弟愛!
久しぶりにうるうるしました☆



こんな特別な日の夕食は
la truite vanille flambee au rhum 
鱒(マス)のラム酒フランベ・バニラ風味!
そして、シラオスの地ワインで乾杯しました!!



山の話はこれで終わりです。
でも、しつこいようですが その4(完結)に続きます!




スポンサーサイト

Category - レユニオン島生活日記’09〜'10

- 18 Comments

パチンコ パチスロ 攻略  

どうも〜

応援してま〜すっ!
応援ポチッ!!

2010/01/23 (Sat) 07:03 | EDIT | REPLY |   

なでしこ  

パチンコ パチスロ 攻略 さま

パチンコ?!  
10年ほど前に、一回やったことがあります^^
応援ありがとうございます!!

2010/01/23 (Sat) 15:09 | REPLY |   

やまねこ  

NoTitle

おお〜、すごいですね!
大冒険の連続だったんですねー!

男の人2人と徒歩を同行できるなでしこさん、
すごいですi-189
私は根性無しなので(笑)、山登りとか黙々と
歩ける方ってかっこいいなあ…と思います♥

弟さん、足が痛くなっちゃったんですねi-201
バス停で待つ!って言ってる姿が
ちっちゃい子みたいで可愛らしいですね^^
でもほんとスタイルいいですねえ〜足が長い〜^^

私も二日目のお宿タイプです^u^
可愛い雰囲気の建物って憧れますよね♪

2010/01/23 (Sat) 16:24 | EDIT | REPLY |   

はしご  

いい!

素直に疲れている義弟さん、やさいいご主人様、大和撫子のなでしこさん!
みんな、いい!!

山登りでは、弱音もまたドラマの一部*^ー^*
昔はよく日本の山を登っていましたが、こんな人間ドラマがたまらなく面白い!と思う、脚本家(?)タイプのはしごです(笑)

雨の中、大変な場面もあったかと思います。
無事のお戻り、本当によかった*^ー^*

2010/01/23 (Sat) 21:45 | REPLY |   

佐藤 かつこ  

NoTitle

ごめんごめんブログ見る前にメールしてしまいました。これからこのブログたのしみにしています。

2010/01/23 (Sat) 22:54 | REPLY |   

ほぷほぷ  

おぉ!すばらしい。

なでしこさん
こんにちは!

義弟さん、トラブルを抱えながらも最後まで登りきられたのですね!すばらしいじゃないですか!またそれをサポートされる旦那様。素敵なご兄弟ですね。私もジーンときました。自己中心的でなんでも投げ出しがちというフランス人のイメージが変わりそうです♪(すいません・・・昔いろいろあったもので^^;)これからは自然豊かなこの島だけでなく、素敵なご兄弟にも注目していきたいと思います(^○^)最後になでしこさんも登山ごくろうさまでした!

今日もありがとうこざいました!

2010/01/24 (Sun) 02:47 | EDIT | REPLY |   

サト  

こんにちわ☆

うわ〜〜〜〜〜〜〜〜〜!
この絶景は!!!!
日常のコマコマしたことがどうでもよくなる爽快感ですね!
山登り、お疲れ様でした。ハプニングもあり大変でしたね^^;
3日目のお宿にとっても魅力を感じます♪
自然と共存しているような感じでステキ♪

2010/01/24 (Sun) 10:37 | REPLY |   

えみごん33  

NoTitle

レユニオン島って標高3000mの山があるんですか?
結構でかい島ですね。
耐え忍ぶ。なでしこさん。。日本人女性とは、そうでしたね!
私もそうです!

2010/01/26 (Tue) 01:56 | REPLY |   

なでしこ  

やまねこ さま

大冒険でしたよ!
私も基本的に根性無しなのですが・・

そーなんです、義弟は異様に足が長いのです!
顔は私より小さいのに・・
そして、ニクイほど可愛いです♪


2010/01/26 (Tue) 04:05 | REPLY |   

なでしこ  

はしご さま

義弟は素直に疲れてました・・
これも年少さんの特権なのか?!

前は山を登っていたんですね!
私も腰痛持ち(毎日何気に痛い・・)なので、けっこう辛かったです><
これからコチラはサイクロンの季節なので山登りはお休みです^^

2010/01/26 (Tue) 04:12 | REPLY |   

なでしこ  

かつこ さま

残念ながらレユニオン島はイギリスの近くではないのだよ!!
アフリカ大陸の東にマダガスカル島があるのだが、そのもうちょっと東・・
小さい島すぎて、地図にも載ってないことがあるようだよ・・

Aimer tant はフランス語で・・
aimer は(動詞)愛する
tantは(副詞)そんなに・それほど・こんなに

tantを使っているのは無限みたいな表現をしたかったから?!
beaucoup(たくさん) aimer にするとちょっと違うからじゃないかな。
merci beaucoup メルシー ボク ってつづりが長いよね!!  

2010/01/26 (Tue) 04:48 | REPLY |   

なでしこ  

ほぷほぷ さま

義弟も最後まで歩けてよかったです!
旦那はやっぱり兄なのだなぁ〜と^^

昔いろいろあったのですね・・フランス人と
日本人は周りと仲良くグループ主義、フランス人は個人主義だと。
私は協調性に欠けるので日本だと大変です・・(苦笑)

2010/01/26 (Tue) 04:57 | REPLY |   

なでしこ  

サト さま

登って下って絶景の連続でした。
自然とふれあうのはいいですね! 

宿は質素(全面トタン・・)だけど、美味しいものが食べられます^^
でも、サイクロンの時期はすごいことになるそうですよ。

2010/01/26 (Tue) 05:25 | REPLY |   

なでしこ  

えみごん さま

レユニオン島には標高3000mの山・2000mの山々があります。
東京くらいの大きさなので島自体は小さいのですが、縦にでかいです^^

日本人女性とは、耐え忍ぶことができるのです!
いつもじゃないけどね!!

2010/01/26 (Tue) 05:30 | REPLY |   

まめ子ちゃん  

NoTitle

こんにちわ!

山登り、、、お疲れ様です!!!
すごいなぁ。
ホント、これこそ360度の大パノラマですね!!!
私も挑戦してみたい。
よく、ベルギーメンバーと話してるのが日本に完全帰国したら富士山に登りたいね!と。

旦那様、優しいですね!!!
義弟さんもきっと優しいお兄さんだから甘えちゃうんでしょうね!
私もそんなお兄ちゃんやお姉ちゃんがほしかったなぁ!

その4も楽しみにしてまーす♪

2010/01/27 (Wed) 04:54 | REPLY |   

三十路オンナ  

NoTitle

おはようございます!

そして、コメントありがとうございます!
フランスに在住なのですね!
とっても素敵なところです♪

P.S 是非、春菊、種まきしてください。
虫も来なくて、お勧めなお野菜です♪

2010/01/27 (Wed) 09:37 | REPLY |   

なでしこ  

まめ子ちゃん さま

富士山は旦那が行きたがらず、子供の頃に行ったきりなの。
でも、日本に帰ったときに行ってみたい! 

義弟は大人ぶっているけど・・おこちゃまー^^
たまに? いや、よく?! イラッとさせられました。。

その4もよろしく〜!

2010/01/30 (Sat) 03:11 | REPLY |   

なでしこ  

三十路オンナ さま

インド洋にあるフランス海外県に在住です!
定住先が決まったら春菊、種まきしてみます!

2010/01/31 (Sun) 04:35 | REPLY |   

Post a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。