2016-01-07 19:02 | カテゴリ:フランス生活
遅ればせながら、明けましておめでとうございます。
フランス語で、ぼなね~! Bonne Année〜!!

今年はさっぱりスッキリと気持よい新年を迎えることができきました。
皆様はどうでしたか?

年始に抱負を決めると良いと聞いてから書いている、
本当にどうでもいい私の抱負を3つ紹介します(笑)

❶料理の盛り付けに気を使う

sarlat134
目標はこんな感じ ※写真はドンムのレストラン

南西フランス名物のカスレを作らせれば、そのへんのレストランには負けないと勝手に思っているほど、
料理下手ではないはずなんだけど、何だかイマイチ・・と思い悩む日々。

albi4937
カスレとはインゲン豆&ソーセージ&鴨コンフィの煮込み ※アルビのレストラン

"料理は舌と目で楽しむ"という言葉を思い出したので、多少の失敗作も盛り付けで誤魔化そう(笑)
セールが始まったことだし、素敵な食器を探すぞー!!

❷普段からアイメークをする
フランス人を見習ってアイシャドーはせずに、ビューラー&マスカラのみ。
その方が時間短縮になるし、目が大きく見える。
義家族と過ごしたクリスマス翌朝、ノーメイクの私に義弟が言い放った「目ちっちゃ!」という暴言に、
少なからず、いや、非常にショックを受けたので、もうこれからはマスカラ命。

❸スクワット1日50回&ヨガ
ダイエットは永遠のテーマ・・

❹早寝早起き
健康第一!三文の徳は本当らしい。

おばかな話はここまでにしておき、南西フランスで撮影された
NHK BSプレミアム "世界で一番美しい瞬間(とき)” という番組の紹介です。

「幻想のサーカスに酔いしれるとき フランス」
放送は 1月13日(水) 午後10時00分 〜
http://www4.nhk.or.jp/sekatoki/x/2016-01-13/10/12803/2475067/

昨年の秋、主人がドライバーとしてロケハンの案内をしました。
トゥールーズから西に広がるジェルス県、県庁所在地オーシュで行われるCircaというサーカス。
http://www.circa.auch.fr/

日本のガイドブックをみると、ぽっかり穴が開いたかのように地名すら載っていないこの地方。
フランスの中でも南西フランスは未開の地といわれているのに、更に未開・・
何があるのかといわれると、何もない・・ 

5136
義実家の庭からの景色は、隣人のヒマワリ畑と麦畑・・

と言うのは冗談で、
地図には地名すら載っていないけど、普通に街や村があります。

1492
あら、可愛らしい!

番組の話に戻りましょう。
今回のシリーズでは、ヌーヴォーシルクの技や美しさを取り上げるとともに、
地元の文化や人の営みなどを、本格ドキュメンタリーほど深すぎず、
かつ観光レベルよりはやや掘り下げて紹介するそうです。

何が凄いって、日本のディレクターさんは、パリ在住のコーディネータさんと共に、
主人と落ち合う数週間前からすでに現地入りして取材をしていたんだとか。
フェスティバル期間中は早朝の出発、午前様。
で、その膨大な資料を50分番組に仕上げるという・・
もう、思いが半端ないです!!
ドローンを飛ばしちゃったり、特殊な撮影方法があったりしたそうで、あ〜私も早く見たい!

参加カンパニー(練習や本番の公演)や、主催者、住民など関係者への取材、
近郊のアルマニャックの生産者、関連するレストランの取材もあったので食文化の紹介もあるみたいです。
三銃士マニアの方必見!ダルタニャンのゆかりの地(城など)も放送されるかも!

来週の水曜の夜、是非ご覧ください♪
見逃してしまった方は、翌々週1月20日(水) 午前8時00分 〜 再放送もあるはずです!


現在予定のあるツアーの確認、
お問い合せはホームページの「お問い合わせ&ご予約」からお願いします。
↓↓↓
__________________________________________________

南西フランス現地ツアー会社「ラミティエ・ボワイヤージュ」
トゥールーズ・ボルドー・アルビ・カルカソンヌ発
参加型定期ツアー&プライベートチャーター&オーダーメイドを行っています。

__________________________________________________

スポンサーサイト