-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2015-11-13 22:13 | カテゴリ:フランス生活
週末に毎年恒例のブドウの収穫(ヴァンダンジュ:vendange)に行ってきました。
11月上旬、半袖でも暑いくらいの晴天。朝の9時半からワイン&ビールで軽くブランチをしてダラダラ開始。
大勢の友達が手伝いにきたので、収穫はあっけなく午前中に終了し、
その後はランチにとろけるような鹿肉のワイン煮込みに舌鼓。
ん~秋の週末はこうでなくっちゃ!!

今週からいきなり冷え込んできたアルビ(といっても薄手のコートでまだ大丈夫)
ハイシーズンは忙してく放置してしまっていたブログを再開します!
まだ終わっていなかった2014年夏のバカンス、フランスカタルーニャ旅行の続き〜

プラレール好き息子のために電車メイン旅行です。
南西フランス登山列車第2弾はフランスカタルーニャ地方「トラン・ジョーヌ:Train Jaune黄色電車」。
第1弾目はこちら→バスク地方小旅行:リューヌ山

プチ トラン ジョーヌ 5569

フランスの最も美しい村にも認定されている
「ヴィルフランシュ・ド・コンフラン:Villefranche-de-Conflent」村の近くから出発!

観光列車的要素が強いけど、れっきとしたフランス国鉄(SNCF)
頂上付近の高原にはスキー場もあるため、冬はスキー客を乗せて走ります。
雪景色もきれいだろうな〜

ワゴン車もあるけど、天気が良ければオープン席が気持ちいい!
いくつものトンネルをくぐり、ゆっくりと進みます。

プチ・トラン・ジョーヌ

8月のバカンス中なのでこみこみ。
本当はフランス国鉄で最も高いところに位置するBolquère-Eyne駅(標高1592m)まで行きたかったけど、
帰りの電車がなかったので途中駅Font-RomeuにてUターン。
※全区間を楽しむには1日かかります。

プチ トラン ジョーヌ 4376

お昼は「ヴィルフランシュ・ド・コンフラン」村に戻って頂きます。
この村は美しい村に登録されているだけではなく、
ヴォーバンの防衛施設群として世界遺産にも登録されています。

プチ トラン ジョーヌ 4379

ここのメニュー、あ~そそられる・・ 
でも、子供連れだと室内は気を使うので、ザ・フランス的なピクニクです。

プチ トラン ジョーヌ 2015

ということで、ソシソン(燻製された棒状の肉の塊)&チーズ&ワインを購入!

スペインでワインのお供といえばハモン、フランスではソシソン
私の個人的な意見ですが、
フランスの生ハムはスペイのハモンセラーノやイタリアのプロシュートと比べると、遥かに美味しくないです。
熟成させないものが多いので味に深みがなく、
水分が残っているためか、薄く切ることはできず、たとえ切れたとしても柔らかい・・
生ハム&メロンの前菜には悪くないけど、酒の肴としてはほんとイヤ。

でも、カチカチに乾燥したソシソンは絶品です!
ソシソンとパテ系はフランスのものが最高に美味しく、種類が豊富なので嬉しい限り。

プチ トラン ジョーヌ 4433

城壁の外に出ると大自然が広がるので、ピクニックには最適。

この城壁をつくったヴォーバンさんはちょっと数奇な運命をたどったようです。
1633年ブルゴーニュ地方出身の貧乏貴族の家で生まれ、
10歳の時に孤児となり、修道院の保護を受けて数学、幾何学、理学を学ぶ。
フロンドの乱に参加し、功績が認められて要塞の築城を任されることになるが、
1653年国王軍に捕らえられ、ルイ14世に仕えることになり自らが築城した要塞を自ら攻略することになる。

ヴォーバンの防衛施設群についてはこちら→wikipedia
ヴォーバンについてはこちら→wikipedia
約130の要塞と要塞都市を築き、そのうちの12箇所が世界遺産に登録されています。

おまけ
この辺りは温泉が湧きでるので、いわゆる保養地がいくつかあります。
有名なのはVernet-les-Bainsという村ですが、日本人からしたら「んー・・」微妙。
フランスのこういう温泉施設は、水着着用、温度は低くて寒い、そして高い!

施設によっては子供の入場はできないことも多いので、今回は野外オンリー、山の奥へ。

プチ トラン ジョーヌ 5643

源泉温度58℃、毎時30m³
saint thomas les bain


プチ トラン ジョーヌ 5638

はっきり言ってプールです。
少し暖かいプール?!
冬のバカンスでもっと良い温泉に行ったので、それはまた次回に。

嬉しいことに来春のツアー予約が入り始めました。
予定表の確認や、ツアーのお問い合せはホームページの「お問い合わせ&ご予約」からお願いします。
↓↓↓
__________________________________________________

南西フランス現地ツアー会社「ラミティエ・ボワイヤージュ」
トゥールーズ・ボルドー・アルビ・カルカソンヌ発
参加型定期ツアー&プライベートチャーター&オーダーメイドを行っています。

__________________________________________________
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。