-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2015-06-26 09:34 | カテゴリ:フランス小旅行
昨年夏のバカンス、フランスカタルーニャ旅行の続きです。

2日目の目的地は約1000年前に建てられた「サン・マルタン・カニグー寺院」。
前日の地中海の町「コリウールに」から内陸に車を走らせます。

カニグー寺院5593
展望台からの景色は絶景!カニグー寺院を一望できます。

麓で車を降りて山道をてくてく登ります。公式サイトによると所要時間は20分〜1時間とかなりアバウト。
※麓から寺院までは専用のジープあり(要予約)

3歳半の息子は午後のお昼寝タイム中。
かなりの急斜面ですが、道は舗装されているのでベビーカーに乗せての出発。
ちょっと押してみたけど、腕がきつい・・ヘタレな私は1分も頑張れずに主人にバトンタッチ。

木陰の多い道だけど、汗ダクダクになって30分、もう少しのところで突然の雷雨・・
山のなかでの雷ほど怖いものはない。。
見学まで時間があったので展望まで登ってみると、ま〜素敵!

カニグー寺院4386
回廊に人がいるのを発見!
雨降りだけど良い写真が撮れたし、ワクワク。

寺院の中は個人で見学することはできなく、1時間に1回、寺院に仕える方が案内をしてくれます。
説明はフランス語ですが、入場料を払う売店で、日本語の説明書をもらえます。

カニグー寺院4387
なんだか落ち着く回廊

カニグー寺院4391
雨雲の隙間から差し込んだ柔らかい日差し

カニグー寺院4399
笑ってるの?! 癒し系の彫刻たち

ひっそりと佇むこの寺院、実はフランス革命の時に多くの城や教会同様、破壊されて廃墟化し、
周辺の住民によって石は切りだされ、彫刻なども持ち去られてしまったそうです。
鐘楼にはあまり被害はなかったようですが、建物の壁も天井もところどころしか残っていない状態のまま時が経ち、
再建が始まったのは1900年になってからなんだそうです。
なんだかほっこりする不思議な空間。

話は前後しますが、お昼はフランスの美しい村のひとつ「エウス」のレストランへ行きました。

カニグー寺院5627

どこを撮っても絵になる長閑な村

カニグー寺院5634

村にはサンドイッチなどの軽食を出すお店もあり、どちらも景色を楽しみながら食事ができます。

カニグー寺院5636

メニューはタパスっぽい小皿料理。

カニグー寺院5637

オリーブオイルをふんだんに使っていて美味しいけど、
女性のシェフが一人で調理をしているため、料理が出てくるのが遅い・・
食後はのんびりする欧米人に良いけど、残念だけどツアーでは厳しいね・・なんて話しながらの食事。


弊社のツアーはコンクやサン・シル・ラポピーなどの美しい村が主流ですが、
南西フランスの変わりどころ、カニグー寺院はとってもおすすめです。

7月20日カルカソンヌ発/22日トゥールーズ着 2泊3日にてツアーがあります。(1名参加可能)
1日目:カルカソンヌ発/カニグー寺院/カタリ派の城/カルカソンヌ着
2日目:カルカソンヌ発/アルビ/コルド・シュル・シエル/コンク着
3日目:コンク発/ロカマドール/サン・シル・ラポピー/トゥールーズ着
※カルカソンヌでの観光時間は含まれませんので、19日までに観光をして下さい。

カタルーニャ旅行の3日目は息子のリクエスト「プチ トラン ジョーヌ」(Le Petit Train Jaune)です。

ツアーのお問い合せはホームページの「お問い合わせ&ご予約」からお願いします。
↓↓↓
__________________________________________________

南西フランス現地ツアー会社「ラミティエ・ボワイヤージュ」
トゥールーズ・ボルドー・アルビ・カルカソンヌ発
参加型定期ツアー&プライベートチャーター&オーダーメイドを行っています。

__________________________________________________
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。