-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2013-10-23 00:34 | カテゴリ:フランス生活
週に一度はブログを更新する予定が、、、
日本に住む日仏カップルのお友達がパリで結婚式をするので
それにかこつけて、子どもと一緒に花の都巴里を楽しんできました!

そんなこんなで、このブログもツアー会社のFACEBOOKも更新していませんでした。。
それにも関わらず見に来てくれた方々ありがとうございます。


巴里での結婚式は次回書くとして、この前の日曜日にブドウの収穫をしたのでその模様です。
旦那のお友達がワインを作っているので、そのお手伝い。



ガヤックブドウ収穫3384

雨の予報が一転して暑いくらいの秋晴れに。
この中腰がキツイ!


私より年下の彼女。
ご主人は全く別の仕事をしているため、毎日一人で畑を管理。
BIO(Agriculture Biologique:無農薬有機農法)いわゆるオーガニックワインを作っているため
毎日畑に行っては虫をとったり、葉や実に異常がないが見て回るそう。

去年は妊婦姿、今年は両親に赤ちゃんを預けての収穫。
まだ初めて3年目。



ガヤックブドウ収穫3395

一つ一つ丁寧に切り取ります。


南西フランスには多くのワイン畑があります。
言わずと知れたボルドー、やっぱり美味しい気がするけど、気取っている感があんまり。
近年、多くの畑が中国人富豪に買われているそうで、それもなんだかな〜

その他にも日本でよく目にするベルジュラック、ジュランソン、モンバジヤックは白ワイン、特に私のように貴腐ワインのように甘い白ワイン好きにはたまらない。
マディランやカオールも赤の深い味わいを楽しめる。


なんて、全く詳しくないのに書いてみましたが、南西フランスのワインは質の割には安い!
テーブルワインとしてはコスパが良すぎるものが多いんです。

フランス3大ワインであるボルドー、ブルゴーニュやローヌに比べると土地が安いのが影響しているのかな?!


ガヤックブドウ収穫3400
できるだけ多く運べるよう、子どもたちも踏んでお手伝い。


私の住むタルヌ県のアルビ近くで作られるのが「ガヤックワイン」
フランス第4の都市、国際空港のあるトゥールーズからアルビへ向かう途中にある、このガヤックでは、赤・白(辛・甘)・ロゼ・白の微炭酸のワインを生産しています。


主人と一緒にしているツアー会社では、ボルドーはもとよりサンテミリオンへのツアーを行っています。
でも、まだまだ日本では知られていない「ガヤック」へのツアーも行っています!
HPへ→南西フランス現地ツアー会社「ラミティエ・ボワイヤージュ」

こちらのお友達のワインはまだ未完成な感じが否めないので、ツアーでご案内するのは別のお友達が家族経営するワイナリーになります。


まだフランス国内でも名が知られていない畑で作られるワインは、コスパが良い。
個人的にはスッキリした白や微炭酸白が好き。


ガヤックブドウ収穫3433

朝から始まり昼食を挟んで午後ものんびり収穫。
あ〜楽しかった♪

__________________________________________________

南西フランス現地ツアー会社「ラミティエ・ボワイヤージュ」
トゥールーズ・ボルドー・アルビ・カルカソンヌ発の定期ツアー
プライベートチャーター&オーダーメイドを行っています。



スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。