-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2013-09-10 23:48 | カテゴリ:フランス小旅行
リューヌ山でトロッコ電車に乗ったあとは
Saint Jean Pied de Port:サン・ジャン・ピエ・ド・ポールへ向かいます。


ニーヴ川&橋のお決まりスポット。

サン・ジャン・ピエ・ド・ポール2405


このニーヴ川はバイヨンヌでアドゥール川と合流し、大西洋のビスケ湾へと流れていきます。
マスがいるんだとかで、この辺りのレストランのウリメニュー。(次回書きます)


サン・ジャン・ピエ・ド・ポール2457

ノートルダム教会の脇にある水飲み場には帆立マーク。

帆立貝印を南西フランスではあちらこちらで見かけます。
それらがある場所は「サンティアゴ・デ・コンポステーラへの巡礼路」ゆかりの地。


ここでちょっと「サンティアゴ・デ・コンポステーラへの巡礼路」について説明します。(長いですよ・・)
スペイン北西部にある町、サンティアゴ・デ・コンポステーラ。
9世紀、イエスの使徒のひとりである聖ヤコブの遺骸を“星に導かれた農民”が発見し、キリスト教信者がこの地を目指すようになる。
巡礼路はスペインはもとよりヨーロッパ各地にあるが、フランス〜スペイン国境にあるピレネー山脈を越える方法しかなく、その都合上フランスの巡礼路にはとても重要な宿場町が多くある。


サンティエゴ・デ・コンポステーラ
ウィキペディア:サンティアゴ・デ・コンポステーラ〉〉より拝借


スペイン名:El Camino de Santiago(サンティアゴの道)
フランス名:le chemin de Saint Jacques(サン・ジャックの道)
英名:Way of St. James(サン・ジェームスの道)


santiago:サンティアゴはヘブライ語でya'aqob(ヤコブと発音するのかな?)
意味は“神に愛されるひと”。
compostela:コンポステーラ、スペイン語を勉強した人なら見当がつきそうなこの名前。
campo(田舎)、estrella(星)のコラボ。
一説には“墓場の意”ともいわれているそうですが、なんだか普通すぎでロマンがないわ!
“星に導かれた農民”が発見したんだもの!!


ローマ・エルサレムと並ぶキリスト教の三大巡礼地に数えられるんだとかで、全盛期であった12世紀頃には、ヨーロッパ各地からの巡礼者数は50万人を超えたとか!
時期がイスラム勢力から国土を取り返そうという、キリスト教のレコンキスタの真っ最中。
そんな情勢の中での発見ということが大きく影響しているそう。


〈おまけの雑学〉
ヘブライ語のjacobヤコブがフランス読みのジャックに変化して、、
むかしむかし、フランスでは農民のことをジャックといっていたそうで、農民が着ていた上着をジャケットと呼ぶようになった。
スーツのカジュアル版(茶色のチェックとか)を着ている田舎のおじちゃんをよく見かけるので、なぜスーツ?と思っていたけど、これでやっと解決できた!



ここでようやくサン・ジャン・ピエ・ド・ポールの話に戻ります。
巡礼者は難関であるピレネー山脈を越える手前この町でカラダを休めてからスペインに向けて出発したそうです。
ここから出発したとしたも780km、30日以上はかかるようです。



サン・ジャン・ピエ・ド・ポール2461


石畳の旧市街。
急な坂を登って行くとシタデルと呼ばれる城塞があります。


サン・ジャン・ピエ・ド・ポール2477


17世紀に建てられたお城の写真はありません、、
日本からの観光者と出会って、下から一緒に登っておしゃべりしていたら撮り忘れた。。
今は中学校として使われているそうで、門が閉まっていて見れなかったし。。

でも高台からはこんな素晴らしい風景が楽しめます。


サン・ジャン・ピエ・ド・ポール2391


サン・ジャックへの道オフィシャルHPへちょっとほっこりする映画
これを見てから巡礼をしたくなったけど、時間と体力が。。

銀の道と呼ばれる巡礼路は、以前少しだけ生活をしたことのある南スペインのアンダルシアが起点。
スペイン国内を南から北上するか。
それともフランスに住んでいるのだから、サン・ジャン・ピエ・ド・ポールからピレネー山脈を超えるか。
フランスからだと1ヶ月以上はかかるのでね。。
でも、息子がもう少し大きくなったらやってみたいことリストのうちの一つ!


___________________________________________________

南西フランス現地ツアー会社「ラミティエ・ボワイヤージュ」
トゥールーズ・ボルドー・アルビ・カルカソンヌ発の定期ツアー
プライベートチャーター&オーダーメイドを行っています。
バスク地方へのツアーもありますので、お問い合わせ下さい。



にほんブログ村 旅行ブログ フランス旅行へ
にほんブログ村

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。