2013-07-16 04:27 | カテゴリ:フランス生活
週末、お友達の家の庭に泊りに(?!)行ってきました。
フランスの夏の風物詩といえば、庭キャンプです!

バーベキューをして、その後はひたすらダラダラするだけ。

それにしても、フランス南西部のシンプル&カロリックな料理たち!!
食事と食事の間にビールを飲んで、食事と共にワイン。
フォアグラ(直訳すると脂肪肝)になりそうです。。

巨大なロックフォール(南西フランスの名産:羊の青カビチーズ)
贅沢にも、こんな塊!!

1885

このフォアグラは、知り合いのレストランのシェフ特製だそう。
アルマニャック入のフォアグラ
めちゃうま♪


そして、香ばしい匂いがすると思ったら、

1826


お、デカ!!


1825

ル・クルーゼのようなホウロウ製で、釜に厚みがります。
お肉がしっとり焼けるということで多くのシェフの御用達。
アメリカ製のバーベキュー釜、お値段はと〜ても高い!


1884

その他に太いソーセージも焼いて、満足満足♪


最後の〆は、やっぱりチーズ


1888

ヤギ・ヒツジのチーズ

このチーズたちは私たちが知り合いのチーズ農家で買ったもの。
とろとろ具合が本当に美味しい!!
※土曜日のアルビのマルシェでも購入できます。


1834

子どもたちの食事の用意を忘れるという、大人メインの集まり。
慌てて作ったフランス的バターライス、パスタにバター混ぜたものも
文句を言わずに食べてくれました。。

スポンサーサイト