2010-02-26 04:26 | カテゴリ:旅の準備・マダガスカル
ジャンル:旅行 テーマ:海外旅行

前回はレユニオン島のぶっちゃけ話をしたのですが

こういうのってコメントしづらいですよね・・
三十路になるってこういうことなのかしら?! 
ぐちぐちと、全くいやだわね~♪ 

そんな中、コメントしてくれた方々、個人的にメールをくれた友達、
本当にありがとうございます^^


市役所に行ったら“ドコの国?”と聞かれ
日本人と答えたら・・・
日本人女性って、綺麗なのね~。 だってよー!
うふふ、うきうきの1日でした♪ 

気分屋なのですね、私って。。


で、マダガスカル旅行の準備的なものを、忘れっぽい私のために

はたまた、どなたかの旅行準備の役に立てば! と書こうと思うのですが


その前に、マダガスカルつながりの本の紹介です^^

レユニオン島に住んでいる、日本人女性mimiさん(本名じゃないよ!)の民話集



7314
ご本人から借りちゃいました


レユニオン島に住むマダガスカル人の友人やコモロを訪れたときに聞いたお話だそうです。


この暑いレユニオン島にいるにもかかわらず
彼女の周囲にはいつもなんだか爽やかな空気が流れ
海とか暑いのが苦手で、めちゃくちゃ色白で
ハーフなの? って感じでな綺麗な人です。


本の内容は、日本昔話のシンプルアフリカン版(?!) ←どんなだ?!


気になる方は、書店やアマゾンで購入!
節約主婦の方は、図書館へ!!
置いてない場合は、図書館に頼んで買ってもらいましょう!!


そうそう、今月いっぱいまで
レユニオン島から絵手紙をおくりますよ~、という企画をやっているそう。
南の島の絵本の一ページは mimiさんのブログへ

今月は28日しかない! 急いで~!!



7365
レユニオン島の天気お姉さん


ぐずぐず天気なのに暑いってよー ちっ! 



スポンサーサイト