-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010-06-04 05:25 | カテゴリ:マダガスカル’10
ジャンル:旅行 テーマ:海外旅行

ちょっと時間がなくなってきたので、駆け足で!


マダガスカル最北端の町、ディエゴ・スアレス(Diego-Suarez)から
バスで1時間ほどのところにあるメナ(Ramena)という海沿いの村へ


8456
サカラバ湾(baie de sakalava)でカイトサーフをみたり



8417
エメラルドの海(la Mer d'Emeraude)にて



8423
カラフルなさかなを釣って



8439
こんな素敵な無人島でバーベキュー!



ディエゴから飛行機でタマタブまで戻り


8580
カナル・デ・パンガラン(canal des Pangalanes)を列車で下り



8564
地べたに寝て、荷物は席へ?!



8583
とある村にてのんびりし
ガイドブックをしまっちゃったので名前が分からない・・



8635
マダガスカルで一番おいしい鴨料理を堪能☆

こんな電気も通っていない(10年前までは通っていた)村に
タナのホテルの料理長をしていた仏人のおじさんいます。
190cm以上の長身なのに、名前はムッシュー・プチ^^

この運河、タマタブやタナから比較的行きやすいのでお勧め!


これで、マダガスカル旅行記
おーわーりー


まだまだ載せたい写真や書きたいこともたくさんあるけど
(マダガスカルに魅力を感じるところが少なかったのか・・とか)

とりあえず、終わりです。


なぜ、こんなに急ぎ足なのかと言うと
明日の朝、インターネットの契約を解除するから・・

水道も電気も・・


ということは引越しです!

6月8日の火曜日にレユニオン島を出て
フランスの旦那の実家へ遊びに行ったり、いろいろやったりして
その後、ジャポンへ!!!

時間があればフランスでのこともアップしたいと思いますが
ちょっとの間、ブログはお休です。


コソ見してる日本のお友達へ
9月上旬からは日本で生活する予定なので遊びましょ^^


ココまで読んでいただいた方々へ
ありがとうございます^^



スポンサーサイト
2010-06-04 00:08 | カテゴリ:マダガスカル’10
ジャンル:旅行 テーマ:海外旅行

ノシコンバの続き

宿の近くを歩いていると

「島でガイドをしているんだけど、山に行かない?」
と声をかけられ振り返ると・・


8099
マダム イボン 80歳!

600mくらい登って
上の村でお昼ごはんを食べ、
帰りは別の道にある村々を訪れるの。
裸足でも行けちゃうくらいの簡単なものだから!


で、朝8時に登り始めると10分もしないうちに

普通に、いきなりキツネザル!!!
たくさんいるんだろうと思って写真を撮らなかったら
この後はいなかった・・ 残念。。


で、どんどん登ると


8090
船を作っている人がいたり


音がするので行ってみると

8107
自転車の車輪をまわして火を熾し


8103
なたを作るひとがいたり


お昼ごはんは
プレ ココ(Poulet coco)鶏のココナッツカレー煮
ココナッツミルクは手絞り
ココナッツの中のシャカシャカした部分を削って、お湯をかけて、きれいな布で絞る×5回でココナッツミルクに!



8097
刺繍をするおばあちゃんがいたり



カメレオンが出現したり

8095
ゆっくりだけど、たまにメチャクチャ早い



8117
カカオを干していたり



8120
カカオの花が咲いていたり



8134
カカオの実を採っている子がいたり



8290
中はこんな感じ

カカオ豆の周りについている白いところをなめると・・
濃厚なスイカ?! メチャクチャおいしい!!



8143
バニラがなっていたり



8123
ヘビーもいたよ!


イボンはいろいろな村に親戚がいるようで
野菜や果物をたくさんもらい、手分け・・


8140
みんなでこんな感じに背負って。。


ノシベ(nosy be)より、ノシコンバ(nosy Komba)お勧めです☆



2010-05-31 05:08 | カテゴリ:マダガスカル’10
ジャンル:旅行 テーマ:海外旅行

夕方、ノシコンバの浜辺でマダガスカルビールを飲んでいると
小船から釣り道具を降ろしている仏人を発見。

旦那が釣りスポットを聞きに行くと、明日一緒に行く?
で、1人30.000アリアリ(15ドル)無人島日帰り旅行☆

8080
いい感じの小船に乗って

途中、お昼ご飯のための魚釣り!
一緒だったもう1人の仏人のおじさんは素潜りで魚突き!!

私は釣り道具を持っていないので
釣り糸と重り、釣り針に小魚の切り身で挑戦・・

手に糸を巻いて投げるだけで、魚がどんどん釣れる^^

で、釣れたのは・・


8447
色鮮やかな魚たち

私達が釣った小さい魚はキャピテン
おじさんが射止めた青い魚はポワッソン ペロケ

日本語ではなんだろう・・??


8076
フライにしたり


8074
焼いたり

ココナッツミルクで炊いたご飯やキュウリのサラダも
めちゃくちゃ美味しかった~^^


食事のあとは

8211
もちろん、シエスタ


8186
子供達の遊びは


8450
ヤドカリやカニを捕まえて


8188
とっちが強いか!

足をもぎ取らせる残酷ゲーム・・


8242
2回も行っちゃった☆


行き方:村人に聞いてみる(たぶん誰かを紹介してくれる)

※手漕ぎだと10.000アリアリであるみたいだけど、
夕方は潮の流れが速いのでエンジン付きがいいそうです。



2010-05-28 06:32 | カテゴリ:マダガスカル’10
ジャンル:旅行 テーマ:海外旅行

マジュンガをあとにノシコンバという島へ


8086
部屋からの眺め

海に面したバンガローは20.000アリアリ=10ドル


8158
日焼け止め&メーク

一緒に裸で海に入ろう! といって触ってくるやら・・
断ると首を絞めてきたり・・
恐ろしいアル中女。。

バンガローの隣のバーでフランス人おやじ5人と値段交渉してたので
いったいいくら? と耳をそばだてていると・・

え~、5人は無理よー、3人まで! 
なんてビックリ発言!!
で、さらなるビックリは1人3000アリアリ=1.5ドルってこと!!
200円しないのーーー???!!!

おやじを挑発するために上を脱ぎだすやら・・(たいしたことない)
テラスから見ていたウィルさんはブラボーと言って拍手するやら。。

のんびりできると思ったのに、マダガスカルー!!(怒)



8184
でも、こんなのんびりビーチ


8167
みんなが飛び込んで遊んでいる岩は
朝晩はみんなのトイレになる。。



2010-05-25 04:47 | カテゴリ:マダガスカル’10
ジャンル:旅行 テーマ:海外旅行

タナからマジュンガに移動

イースター休暇のため昼間のバスがとれず、夜行バスで移動
夜行バスだと景色が見れないこともあるけど・・
朝が明ける前に、怖~い 盗賊が出るんだそう!!

でも、飛行機は空きがない!

盗賊が出るのはタナより南に向かうバスが多いみたいだけど
マジュンガ(北西)近くでもあったそうで、そのときは指輪が外せないマダガスカル人のおばさまは、手首ごと切られたんだとか・・


バス会社のおばちゃんから、何事もないように祈っているから!
なんて笑顔で送り出され・・


ドキドキ、ドキドキ、ドキドキ・・
でも寝る・・

14時間後、無事に到着!



8004
活動のない町・・
外国人宿のある地域(お金持ちインド人地域)は ひっそり


7801
待ちぼうけ・・


港をぷらぷらしてみる

7882
海の男はかっこいいの~


初々しいカップルが小船にいたのでどこにいくのか聞いてみたら
対岸に行というのでお供させてもらう

お昼ごはんも持たずに来たので(ロコは鍋ごと持ってきている)
とりあえずレストランへ


7903

おー! なんかバカンスって感じ?!


オーナーの女性いわく、数年前まではマジュンガの病院で働く日本人のお医者さんや看護婦さん(協力隊かな?)が休みになると遊びに来ていたんだけど、今はみんな引きかげちゃったのかしら? って聞かれたけど・・ どぉなんでしょう。。


7910
アフリカの海ーーー



マジュンガといえば大きなバオバブなんだそうで
宿に戻る前に寄ってもらう(地球の歩き方情報)


7962
?!


7958
デカ!!

でも、私の目指しているバオバブとはなんだか違う・・



そうそう、夜な夜な何を食べていたのかというと
宿から歩いて1分!

7872
ゼブ肉(コブウシ)の串焼き&焼きタロイモ


私達が泊まった宿は町から2キロくらい離れたところの
マダガスカル人やお隣のコモロの人が住む地域


7877
こんな感じの路上で食べる

マジュンガでは子供も親と一緒に夜までわいわいして、
ちょっと、ここはマダガスカル?!って感じの不思議なところ


お勧め宿:マダムシャボー
地球の歩き方には宿の隣のフレンチレストラン(同名)しか載っていないけど宿もあり
フレンチは激うま!(Tシャツにジーパンだと入りにくいかも)
対岸の浜辺のレストラン兼宿のオーナーもマダムシャボー・・

何から何までシャボー姉妹のお世話になりました^^


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。