-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010-02-24 05:22 | カテゴリ:レユニオン島生活日記’09〜'10
ジャンル:海外情報 テーマ:海外生活
ちょっと真面目に、“レユニオン島”についてです。

※気持ちが落ち込むかも知れないので・・そんな方は、次回^^
そして長い文章がお嫌いな方も・・次回^^


友達からレユニオン島での生活どお? 
と聞かれたときの 私の答えは

“あんまり好きじゃない”  ←こんな答えって ガーン?!



これは、飛行機からこの島を見たときからの変わらない感想


※えーっと、レユニオン島の名誉のためにいいますと
上空から見た島に、たいていの人は感動するそうです。

ヘリでの観光あるくらいだし。 ←山登中くらい静寂を!


でも、直感的に“あっ、違う”って思ってしまったのです。



で、なにがどうなのかというと、例えば

一度レユニオン島を訪れたことのある(1週間や2週間ではなくもっと長い滞在)フランス人は、一様にレユニオン島は海に山に川・滝etc・・ 
まだまだ自然があっていい! といいます。

でもその後、必ずと言っていいように“mais”(“でも”の意)がつき
クルマが多い・・ 渋滞が・・ 

※記憶が曖昧ですが、レユニオン島はフランス本土を含めたフランスにおいて、人口に対するクルマの数(だったかな?)がNo.1だそう

そして、レユニオン人の一回平均クルマ利用距離は往復5キロだけ(これも数字をちゃんと覚えていないけど・・)

日本人だったら、歩く距離でクルマを使います。 
で、この距離はバス使うでしょ~ って距離を、クルマにひかれそうになりながら、歩道もなき道を何時間もかけて歩いている人もいます。



レユニオン島に対する批判・クリティック(否定ではなく、あくまでも客観的な主張)するとき使われる形容詞は

“bizarre”(“奇妙な”・“変わっている”)

変わっている・不思議なを指すフランス語はその他にもたくさんあるけれど、使われるのはたいていはこの“ビザー”

仏語が分かる方は、なんとなくこの使い方に含まれるものが分かっていただけると思います。


レユニオンの人といっても、いろいろな人種が混ざっており、その個々の人種やクレオールがどうのというのではなく

全体的に醸し出されている“気”というか、なんかそんなこと。


えーっと、何から話せばいいのか分からなくなってきたのですが


一言でいえば“嫉妬”が渦巻く島?!


“物欲”には目を見張るものがあります! ←使い方がおかしい・・


だれだれよりイイ車に! ←ローンを組んで、家はボロボロでも!
新しい機種のケータイとアイポットとPCetc・・←お米のみ生活でも!

誰もが奪いたくなるようなセクシーな女性を連れ歩く!
又は お金持ちな本土の白人男性を射止める!

もしくは一夜かぎりのアバンチュールをもとめる奥様!! 
(彼女達のムンムンお色気が、一番危険!) 


そうそう、フランス本土から派遣されてきた人がもてるわけは・・
基本的にレディーファースト!
そして公務員(教師や技術者など多し)は、レユニオン島では破格の給料(年1でフランス往復飛行機代も出るらしい・・)なので、もちろん女性からは放っておかれない! 
しかし男性からは島の女も仕事も盗んでいると逆恨みされがち・・

脱線ですが、公務員といえば、サルコ(サルコジ大統領)は税金対策で公務員を削減したいらしいのですが、教師減らして、警察増やしてどうするんの?
教師をクラスに2人にしてもっと行き届いた教育ができたら、警察減らせばいいじゃん?!
と思うんですが、そううまくはいかないんですね。。


男女関係においての余談ですが、レユニオン島にも何気に売春婦がいたり、そういう系のマッサージ(摘発されてた・・)もあります。



むー、果てしなく続くサイクル・・ 


富と異性、こんがらがるのでしょうねぇ・・


知り合いの男性は奥さんが自分のいとこと・・なのを、家族全員から秘密にされていて、最終的には7歳の娘から聞き・・ 2人で海で泣いたそうです。
悲しすぎだ・・

はたまた、とある お上品な奥様からは次男が自殺したら、1年後に長男の嫁も自殺した・・ という話も聞いてしまい、なんと声をかけていいのか分かりませんでした。。


こんな小さな島(東京都くらい:人口80万人)で殺傷や殺人事件が多発するには
渦巻く何かあるのでしょうか・・

あっ、もちろん今日の夜のニュースでもありましたよ
隣人殺人事件。。



なんだかひどく暗い話に・・
  

酔っ払っていませんよ!
そして、うつでもないですので!!


写真ブログと謳っているのに、ながながと文章だけ書きました。
読んでくださった方ありがとうございます。

次回はマダガスカル旅行準備について(個人的なメモ・・)の予定です。




スポンサーサイト
2010-02-20 04:51 | カテゴリ:レユニオン島生活日記’09〜'10
ジャンル:海外情報 テーマ:海外生活
節約夫婦の私達ですが、たまには外食します^^


と言っても、レストランは高いので



50071

とりの丸焼き、6ユーロなり!

6ユーロ=800円 ちょっと高い感は否めないのだが・・



出没スポットは、海沿いなどの人が多い路上

日本人には嬉しい、しょう油味で、うま~^^



500311

ホンダのシャツのお兄さん 発見! ん~、緑のキャップ・・

そうそう、この写真、去年の8月(冬)に撮ったものなんですが
日中は夏も冬も暑いので、写真に四季感が出ない・・




で、2人の場合は バゲット一本 une baguette で簡単ご飯ですが
(フランスで、フランスパンと言っても通じませんので注意!)


友達家族が一緒も時は、私だって炊飯器(の内側)ごと持参です。

パンにも合うけど、しょう油味の焼き鳥だもの!



71531
うちの旦那ととマダガスカル人のママン

食べ終わっちゃったとこです・・




50151
大家族はテーブルセットを浜辺まで

持ち物は?
鍋ごとカレーが数種類
デカクーラーボックス・・ぬるいビールはいただけない!
お昼寝グッツのハンモックと本^^

あとは、普通に家で使っている生活必需品全て?!



レユニオン島では平日・休日問わず
浜辺を自分の家の庭のように使っている人が多いので

お庭なんか要らないわ! (と、自分に言い聞かせるようにしています)



2010-02-16 06:50 | カテゴリ:レユニオン島生活日記’09〜'10
2月14日のバレンタインはどうされましたか?



私達は友達家族と海でのんびり!



5240
こいかな☆


お昼頃に着くから! と言っておいたので

パンやサラダにジュースにビールを持参すると

彼女は炊飯器ごと持ってきたご飯(レユニオン的~)と
道端でかった鶏の丸焼きを、すでにもりもり食べはじめてました・・

おい!!




そして仏人からの贈り物は、一輪のピンクのバラでした


ピンクのバラの花言葉:上品・気品・愛の誓い

大輪のピンクのバラは、赤ちゃんができました! だそう  
おー、今年のクリスマスに送ってやるー!! ←ちょっと怖い・・



旦那がバラを買ったのは、花屋ではなくレストラン!

夜な夜な、アイスを食べていたら


ボディコン(死語?!)を着た、若いアフリカンな花売りの女性2人に
“バレンタインなんだから~”としつこく言われ

こういうのって、高いからいらないよー  と私は思っていたのに


2ユーロ(300円)コインを出す旦那  


無言の女性・・  そして、5ユーロなのよ! と


でも、哀れな貧しい仏アジア人カップルだわ・・ ってことに勝手にされ
2ユーロでバラをもらって るんるん♪



バラのお値段ですが
レユニオン人は基本的に見栄っ張り(特に異性絡み)なので
若い子たちも平気で5ユーロとか出してます!
 


まー、こういう場面で普通は値引きなんてしないかな?



そうそう、彼女達の車はお高そうなBMW!
いったい本職はなんだろう・・ 




2010-02-13 03:38 | カテゴリ:レユニオン島生活日記’09〜'10
お久しぶりです!



レユニオン島はサイクロンの季節、雨、雨、雨・・

最近ちょっと気持ちが落ちていてブログを続けていませんでした・・


というのは、ちょっぴり嘘です! あはは


自分のブログを書くより

他の人のブログにばかり行って、楽しんでました^^



気持ちを切り替えようとテンプレートを変更しました!

今までのもすごっく可愛かったんですが、これもイイ!! でしょ?!



私の写真も載ってるしねぇ!! 




1780
ミャンマーのインレー湖にて



金曜日の夜、ただいま仏人の友人が2人、家に遊びに来てますが、

みんなが飲んでる横で、私はブログをアップしてみます!


まー、フランス人・・

自分勝手な、でもすっごく好きな人種です!!



これからは

もっと素直に気持ちを書くことができればと思います。



酔っ払っているようなので、このへんで^^



昨日の夜中に、思い立ってカウンターを入れてみたんですが

すでに13人(14人だけど、1人は私)の方にきていてだいたようで、すっごく嬉しいです!!!



これからも、よろしくお願いします!!!!!




2010-01-31 04:30 | カテゴリ:レユニオン島生活日記’09〜'10
ジャンル:海外情報 テーマ:レユニオン島の自然
去年のことですが・・ 2009年の大晦日!


kev 354
南半球は、椰子の木のイルミネーション

マダガスカル人の友達家族と海沿いのバーに行き
いつもながら盛り上がりに欠ける花火を眺めて年越し・・

その後、みんなで(友達の9才の息子はホテルに残して)クラブに!
なにしろ登山から帰ってきた日だったので、私と旦那はソファーでぐったり・・
21才の義弟は朝の5時まで、めちゃくちゃ大人っぽい友達娘12才と踊る踊る!!!





そして、新年にはインド人のお祭り


kev 258
ヒンドゥー教の儀式

インド洋で熱帯魚と泳いでいたら、いきなり音楽と共に始まりました・・
ここはインドか?!



kev 259
後ろのインド洋が、きれいなガンジス川に見えてくる?

サリーもパンジャビも鮮やかで好き! この日はみんな黄色の装い!
レユニオン島ではこういうアイテムやインド系本格的スパイスも買えます。


フランスで結婚したとき、何を着るかめちゃくちゃ迷い
白いウエディングドレスでも白無垢でもなく、インド人の親族もいないのに
なぜか濃いピンクのサリーを着ました^^
 
サリーはその後、いろいろなもの使えて便利! 
引越しにもかさばらず、なんだか豪華にみえる?! 



kev295
夜は火渡りの儀式

火のついた炭の上を歩く・・  
けっこう弱火?! と思って
お祭りのあと近づいてみると、おー熱いではないですか!!





お次は、楽しみにしていたダイビング!

OL時代にライセンスを取得して、沖縄やら近場の海外で潜ってました。
久しぶり&インド洋での初ダイブ


kev 306
体験ダイビング後のボートにて 義弟と私

ずーっと顔が引きつったままの義弟 (この人2回目らしいのが・・)
インストラクターにタンクを掴まれながらの拘束ダイブ^^
前日テレビでサメのドキュメンタリー番組を見たのがいけなかったのかな・・

で、透明度や珊瑚は・・ 天気があまり良くなかったせいか、イマイチ
ラグーンでのシュノーケリングで十分かも・・
体験は6m、やっぱり30mくらい潜らないとつまらない!





そして、そして


kev 348
念願のパラグライダー! 

3人ほぼ一緒に飛んだのに、私だけかなり高いとこまで!  うふふ
女性は軽いからポイッと飛べちゃうけど、男性は走る走る


なんと途中でインストラクターが、私に操縦させてくれ大興奮!
寒くなるほど風を受けるので、速度が速いのかと思っていた(?!)けど
そうじゃなくで、何もしないでいると ぷかーっと中に浮きます!! ←説明下手すぎ・・

そして手綱をインストに渡すと、足を組んで体重を右に! と・・
すると、右にくるくる回りながら急降下ー!!
ぎゃーぎゃー叫んだものの、盛りだくさんで大満足でした! 
parapente reunion ←ここを利用





そろそろ熱帯魚が泳ぐビーチに飽きた?!
生意気なことを義弟が言うので

波が高くて、ちょっと危険な etang-saleにお連れ

この日はお天気がイマイチ・・ってことは波が高いのだ! どーだ!!


kev 324
でも、けっこう人が多い?!



kev 325
逃げ惑う人々



kev 321
完全に腰が引けてる、義弟・・


 
kev 328
お兄ちゃんと一緒なら!!



kev 329
一瞬にして、ざぶーん!!!


この翌日、この場所で死者がでたそう。 
そして近くの海でも・・

私は旗が緑の安全日にしか入らないようにしていますが (義弟と行った日も)
波の引きが強すぎて沖に吸い込まれそうになっているところに
新しい波がくるので、下手をすると洗濯機の中にいるような状態に・・





そうして時は過ぎ・・


とうとう義弟がフランスに帰る日!!

kev 358
インド洋と巨大岩の間の道路


いつ見ても圧巻!
よくこんなところに道路を!!

でも大雨で岩が崩れて交通止めになったり死者も出たり・・
海上に橋(道路)を作る計画があるんだとか、この資金はどこから?!


レユニオン人は頭がおかしいのか?! というほど車が大大大好きで
フランスのあらゆる県の中で人口に対する車の数が1番多いとか・・

この日も渋滞にはまり、空港に着いたのはぎりぎり
最後の最後に、本当のレユニオン島を感じたことでしょう・・




kev 273
今度はどこで会えるかな!!




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。